エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

横浜流星、広瀬すずに「膝枕をしてもらった」 役作りで恋人に対する甘えを体感

(左から)李相日監督、横浜流星、広瀬すず、松坂桃李、多部未華子

 映画『流浪の月』完成披露試写会が13日、東京都内で行われ、出演者の広瀬すず、松坂桃李、横浜流星、多部未華子と李相日監督が登壇した。

 本作は、2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆう氏の小説を映画化。10歳の時に誘拐事件の被害女児となり、広く世間に名前を知られることになった家内更紗を広瀬が、その事件の加害者とされた当時19歳の青年・佐伯文を松坂が演じた。

 事件から15年たった現在の更紗の恋人・亮役の横浜は、亮の更紗に対する甘えを理解するのが難しかったという。

 横浜は「僕は十数年間空手をやってきて、人に弱みや涙を見せるな、男はこうであるべきだとたたき込まれてきたので、甘えとはなんだろうというところから始まった」と明かした。

 そんな横浜と広瀬の距離感を縮めるために、李監督は2人だけで過ごす時間を持つことを提案した。

 横浜は「広瀬さんに、(劇中同様)膝枕をしてもらってみたけれど、これだと重いかな? 体重を掛け過ぎかなとか思ったりして。そこで少しずつ距離感を近づけていけたし、人に甘えるとはこういうことかと…」と振り返った。

 一方、文に寄り添う看護師の谷あゆみ役の多部は、2人の膝枕エピソードを、「初めて聞いた。私は何もないままに撮影に参加したんだなあと思った」と語った。

 恋人役を演じた松坂との関係性についても、「膝枕はなくて、手をつないだり、抱きついてみたりしただけ。私ももう少しいろいろとしたかった」とコメント。

 すかさず、松坂から「もう少しいろいろとしたかった?」と突っ込まれた。

 また、映画の内容にちなみ、それぞれが「宿命の相手」を発表した。

 広瀬は「姉」と答え、「姉妹であり、友達であり、同業者であり、いつも何だろうなと思ったりして。切っても切れないし、先輩でもある。何か不思議な距離感の姉妹だと思う。何ともいえない、言葉に表せない存在は姉かもしれません」と、姉のアリスについて語った。

 映画は5月13日から公開。

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ