エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

森山良子「カムカムエヴリバディ」でアニー・ヒラカワ役 「父はサッチモのことが大好きでした」  

アニー・ヒラカワ役の森山良子 (C)NHK

 川栄李奈が3代目ヒロインのひなたを演じるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。ひなたが働く映画村にやってきた、ハリウッドのキャスティングディレクター、アニー・ヒラカワを演じる森山良子からインタビューコメントが届いた。

 森山は、今回の“朝ドラ”出演について聞かれると、「ひと言では言い表せないような気持ちです。ストーリーを伺ったときに、なぜ私のところへ依頼をくださったのかしらと、本当に不思議でたまりませんでした。というのも、私の父(森山久)はジャズミュージシャンでトランペッター。そして、ルイ・アームストロングの大ファンだったからです」と語り出した。

 森山は「父は日系2世で日本語より英語の方がずっと上手だったものですから、ルイ・アームストロングが日本に来るときに羽田まで自分の車を運転して迎えに行ったんです。サッチモ(アームストロングの愛称)もすごく心を開いてくれて、父の車で宿泊するホテルに入り、いろんなおしゃべりをして…といったエピソードを、私は小さい頃からたくさん聞いてきました。父はサッチモのことが大好きだったので、今回のことも天国で喜んでいると思います」と笑顔を見せた。

 今回、アニー役を演じる上では、「『あまり感情過多になり過ぎないように』と、そこだけ気を付けました」という。

 英語のせりふが多いが、幼少期の経験が支えになっているという。「小学生ぐらいのときに、アメリカンポップスというかオールディーズがはやっていたんですが、音楽に合わせて歌っていると父に呼ばれて、8小節を1時間ぐらいかけて直されるんです。英語の発音も直されて、また電蓄(電気蓄音機)のある所へ戻って歌い始めると、また呼ばれて直されて…。もう、鼻歌も歌えない状況でした。でもその頃の父の駄目出しが、今の歌だけでなくアニーの英語のせりふを話す上で『言葉』としても役立っているのはすごくうれしいです」と話した。

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ