エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「真犯人フラグ」真犯人は“日野”説や“河村”説も 「真帆の実家の押し入れも裏返っていたのが気になる」

第19話のワンシーン (C)日本テレビ

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第19話が、6日に放送された。

 本作は、家族が失踪してしまった相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目を向けられ、追い詰められていく考察ミステリー。(※以下、ネタバレあり)

 凌介は、親友の河村(田中哲司)から、部下の瑞穂(芳根京子)と妻の真帆(宮沢りえ)が一緒に占いに行っていたことを聞かされる。瑞穂は真帆との関係性をなぜ隠していたのか。

 そんな中、SNS上に、事件の内容が手書きでつづられた小説が投稿される。凌介は、その筆跡が瑞穂の文字に似ていると気付く。

 日野(迫田孝也)が経営するバー「至上の時」で、事件を推理する凌介と河村と日野。河村は「自分の手で真実を明らかにする」と息巻いてバーを後にするが、凌介と日野は河村の後を追う。

 河村がやってきたのは、大学の旧講堂で、真帆が好きな場所でもあった。すると、そこに瑞穂が現れる。対峙(たいじ)する河村と瑞穂を、陰から見つめる凌介と日野。全てを操ってきた“真犯人”は誰なのか? その動機が明かされる。

 放送終了後、SNS上には、「菱田(桜井ユキ)の家の押入れの中身が納得できない。菱田とコーチの山田(柿澤勇人)は、まだ何か隠しているのでは?」「真帆の実家の押し入れも裏返っていたのが気になる。真帆がいるのか、実家の両親(浜田晃、丘みつ子)も脅されているのかも」といった感想が投稿された。

 また、事件を操る真犯人について、「日野で間違いない。河村の後を追ったときに、日野は包丁らしき物を持っていた。日野をおびき寄せるために、みんなが計画したのでは?!」といった考察や、「河村だと思う。河村は『凌介の家族は幸せにならなければ駄目』と言っていたから、真帆の浮気相手の林(深水元基)を殺したりしたのだろう」「やっぱり黒幕は瑞穂か、真帆と瑞穂の共犯だと思う」などの意見が寄せられた。

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ