エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

尾上菊之助「カムカムエヴリバディ」で桃山剣之介役 初代モモケンと2代目とでは「刀の構え方が違います」

桃山剣之介役の尾上菊之助 (C)NHK

 川栄李奈が3代目ヒロインのひなたを演じるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。時代劇の大スター「モモケン」こと桃山剣之介を親子2代にわたって演じる尾上菊之助から、インタビューコメントが届いた。

 初代剣之介は映画で活躍し、息子の2代目はテレビ時代劇で活躍している、という役どころ。

 菊之助は「“朝ドラ”は必ずと言っていいほど見ていました。毎朝、心温まるストーリーに感動を頂いているので、このお話が決まったときは驚きました」と語った。

 また、親子2代の二役を演じる菊之助は、「親と子の差を出すにはどうしたらいいのか相談させていただきました」という。

 「恐らく、父親はスター然とした方だったのだろうと推察します。一般の方は近寄り難いというか、お手洗いに行くところや食べるところなどを見せず…、『ひょっとしてトイレに行かないんじゃないか』と思わせるような。そして、2代目になると『テレビの申し子』と言われるように、映画からテレビの時代になって、ひなたや母のるい(深津絵里)たちにも、親しみやすいスターとして存在したんじゃないかと思います」とイメージを語った。

 モモケンの殺陣に関しても、初代と2代目とでは違いがあるといい、「『黍之丞、見参!』というときの刀の構え方が違いますので、違い探しをしていただければと思っています」とアピールした。

 るいとひなたの印象を問われると、「るいやひなたと関わることによって、モモケンはすごく変化していきます。2人とご一緒するシーンは多くありませんが、とても意味のある、そして重みのあるシーンだと感じています」とコメント。

 演じる2人については、「深津さんはりんとされています。24時間、るいさんでいらっしゃるような感じがします。全てを背負って生きていらっしゃるんだな、というものを感じました。川栄さんは、ひなたという役名の通り、現場でもとても明るくて、温かくて、笑顔が絶えない方だなという印象です」と話した。

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ