エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

本郷奏多「カムカムエヴリバディ」で五十嵐文四郎役 川栄李奈は「すごく元気でお芝居もすてき」

五十嵐文四郎役の本郷奏多 (C)NHK

 川栄李奈が3代目ヒロインのひなたを演じるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。ひなたが働く条映太秦映画村の若き大部屋俳優・五十嵐文四郎を演じる本郷奏多からインタビューコメントが届いた。

 “朝ドラ”初出演となった本郷は「母に『今度、“朝ドラ”出るよ』と報告したらすごく喜んでくれていました。僕自身は、朝はなかなか起きられないので“朝ドラ”ってこれまであまり見られなかったんですが、もちろん今回は見ています」と話す。

 演じる上では、「『大部屋俳優』ってなんとなく聞いたことはあるけれど、そんなに詳しくは知らなかったジャンルだったので、いろいろな資料や実際の大部屋俳優の方のインタビューなどをまとめたものを頂いて参考にしました。独特な文化だなと思います。われわれのやっている『俳優』とはまた全く違ういろんな常識、しきたりがあって、独特な世界だったんだなと思っています」と語った。

 ひなた役の川栄については、「すごく元気で、もちろんお芝居もすてきです。『“朝ドラ”のヒロイン!』という感じで、みんなが愛すべきキャラクターを演じられるのが、すごく上手だなと感じました。きっとひなたは、放っておけないというか、ちょっとどこか抜けているところがあるんだけど、そこがまたかわいらしいようなキャラクターになっていくんじゃないかと思います」と話した。

 伴虚無蔵役の松重豊については、「たくさん作品を拝見していて、すごく好きな俳優さんのお一人なので、共演が楽しみでした。撮影でご一緒すると結構ラフに話し掛けてくださいます」と語った。

 最後に、「夢に向かって生きる若者には、若いからこそうまくいかないこともあるのですが、そういう中でたくさん頑張っていくキャラクターが、ひなたと五十嵐だと思っています。視聴者の皆さまにはそんな2人を見て、自分の若い頃を思い出したり、わが子のことを思ったりしながら応援していただけたらうれしいなと思っています」と呼び掛けた。

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ