エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

松重豊「カムカムエヴリバディ」で伴虚無蔵役 「川栄さんの耳と感覚の良さには驚きました」

伴虚無蔵役の松重豊 (C)NHK

 川栄李奈が3代目ヒロインのひなたを演じるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。ひなたが働く条映太秦映画村の大部屋俳優・伴虚無蔵(ばん・きょむぞう)を演じる松重豊から、インタビューコメントが届いた。

 虚無蔵は、日本の時代劇を支えてきた大部屋俳優。殺陣は一流で、斬られ役として周囲からも一目置かれている、という役どころ。

 その虚無蔵について、松重は「時代劇の全盛期に、1日に三つの現場を渡り歩くような時代を経験している人。自分自身の力で、時代劇をどうしていけばいいのかは分からないと思うんですが、結髪さんの技術にせよ、美術さんのテクニックにせよ、せっかく培ってきた文化・伝統というものを失ってしまうのは間違いなく惜しいものだと思うので、それを何らかの形で次につなぐことができないものか。時代劇を愛してくれているひなたや文四郎(本郷奏多)という、この時代の若い子たちに、何かバトンを渡せるんじゃないかと思っている人なんだと思います」と語る。

 また、「川栄さんの耳と感覚の良さには驚きました。川栄さんと僕は関西人じゃないので、完全にアウェーなわけですが、役として京都人でなければならない。京言葉指導の先生がいらっしゃるのですが、ご存じのように、京言葉や関西言葉は、非常に視聴者からのチェックが厳しいんですよね。ちょっと違うと『なんやあれ』と言われるという、非常に恐怖感がありまして…」と苦笑する。

 その上で、「川栄さんとのやり取りで『すさまじくリズム感のいい俳優さんだな』と思いました。そういう言葉のリズム感、会話のテンポ、それが確実にお笑いの基になっていくと思うんですが、そこの勘のいい方っていうのは、生まれつきであって、努力して身に付くものではないと思うんですが、そういうものを持っていらっしゃる人です。今後、どんな役をするにしても、その耳と感覚で、将来が楽しみな人だなということは一瞬で見抜きましたけど」と語った。

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ