エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「DCU」横浜流星×藤井流星のW流星の共演が話題に 「“顔面国宝”が並んでいて本当に美しかった」

横浜流星(左)と藤井流星 (C)TBS

 阿部寛が主演する日曜劇場「DCU」(TBS系)の第5話が、20日に放送された。

 本作は、海上保安庁に新設されたスペシャリスト集団「DCU(Deep Crime Unit)」が、水にまつわる事件や事故の解明に挑むウォーターミステリー。(※以下、ネタバレあり)

 新名(阿部)がDCUの隊長に復帰を果たす中、DCUの瀬能(横浜流星)は、15年前に父親を死に至らしめ、自らも巻き込まれた事件を再び調べ始めていた。

 そんな折、国土交通省副大臣の長男・木下裕司(三浦獠太)が海上で行方不明となり、DCUに捜索命令が出された。新名は、これまでの捜査方針を転換し、新たな指示を出す。

 間もなく裕司のものとみられるゴムボートが発見されるが、そこに彼の姿はなかった。新名と瀬能は、聞き込みを開始する。

 あるサーフショップに立ち寄った2人は、そこで、瀬能の学生時代の先輩・中林(藤井流星)と再会する。久しぶりの再会を喜ぶ瀬能だったが、新名は中林が顧客名簿に細工をしたことを見逃さなかった。

 捜査が続く中、新名のもとに、裕司は行方不明になったのではなく誘拐されたという情報が入る。副大臣秘書の日村(柳俊太郎)によれば、2億円の身代金を要求されており、その上、裕司は危険ドラッグに手を出していたという。マスコミに知られるわけにはいかないと、DCUは極秘捜査に乗り出す。

 放送終了後、SNS上には、「めちゃくちゃハラハラした」「阿部寛が強過ぎるから、見ていてスッキリ」「深過ぎる話。断然面白くなってきた」などの感想が集まった。

 また、藤井が「日曜劇場」初登場で、難役を演じ切ったことから「本当に演技がうまい。ちゃんと現実にいそうな人間だった」「演技が迫真でお顔立ちもとてもすてきだった」「目の演技がいい。流星くんのお仕事もっと見たい」といった声も集まった。

 さらに、横浜と藤井の“W流星”の共演に、「“顔面国宝”が並んでいて本当に美しかった」「W流星、どっちも演技がうま過ぎる」「放送中、かっこいいを連呼していた」などのコメントも相次いだ。

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ