エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「真犯人フラグ」“光莉”原菜乃華の失踪理由が判明 「プロキシマの金城が怪しい」「瑞穂が林の元カノ説」も

“瑞穂”芳根京子(左)と“凌介”西島秀俊 (C)日本テレビ

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第15話が、6日に放送された。

 本作は、家族が失踪してしまった相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目を向けられ、追い詰められていく考察ミステリー。(※以下、ネタバレあり)

 凌介の娘・光莉(原菜乃華)は、母親の真帆(宮沢りえ)が、「息子の篤斗(小林優仁)は不倫相手の林(深水元基)の子ではないか」と悩んでいることを知り、ショックのあまり家出して彼氏の一星(佐野勇斗)のもとに身を寄せた。

 だが、ある日、光莉は一星のストーカー・陽香(生駒里奈)に襲われ、一星の家から連れ去られて監禁されてしまう。

 一方、凌介の部下の瑞穂(芳根京子)は、林の婚約者・茉莉奈(林田岬優)と高級サウナにいた。警察が林の葬儀に来たことを話す茉莉奈。2人は、何やら秘密を共有しているようだ。

 また、真帆のママ友・朋子(桜井ユキ)の息子の清明(桑名愛斗)は、家を訪れた亀田運輸の鼓太朗(坂東龍汰)に、「助けて」と訴える。

 すると、サッカー教室のコーチ・山田(柿澤勇人)が襲い掛かってきて、鼓太朗と山田はつかみ合いになる。

 その頃、謎の男・強羅(上島竜兵)は、凌介の家と同じ団地の一室で、林が殺害される瞬間を撮ったドライブレコーダーの加工映像を吟味していた。

 ラストシーンでは、凌介が朋子に「押入れの中を見せてほしい」と要求すると、朋子は突然ある動画を突きつける。その動画には、凌介の家のポストに、瑞穂が真帆の不倫を告発するビラを投函する姿が映っていた。

 放送終了後、SNSには、「もはや全員を容疑者として逮捕して、事情聴取してほしい」「みんな裏切るから、信頼できるのが刑事しかいない」といった感想が投稿された。

 また、「瑞穂が林の元カノ説が濃厚になってきた。瑞穂は林殺しとも強羅ともつながってる気がする」「一星が相良家に恨みを持っていて、光莉に近付き、復讐(ふくしゅう)のチャンスを狙っていた。一星の家庭を崩壊させた父親の不倫相手が、真帆だったのではないか」などの考察も見られた。

 そのほか、「一星の母(須藤理彩)の店にいたプロキシマの金城(青木瞭)が怪しい。サッカー教室の集合写真でバタコ(香里奈)と一緒に映っていた人に似ているし、凌介と陽香の写真を撮ったのも金城なのでは?」といった意見も投稿された。

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ