エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「真犯人フラグ」“篤斗”小林優仁のDNA鑑定結果に衝撃 「菱田とバタコの超人格闘バトルが激アツだった」

“菱田”桜井ユキとバトルを繰り広げた“バタコ”役の香里奈 (C)日本テレビ (2)

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第12話が、16日に放送された。

 本作は、家族が失踪してしまったサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目を向けられ、追い詰められていく姿を描く考察ミステリー。(※以下、ネタバレあり)

 息子の篤斗(小林優仁)の病室で鉢合わせた、亀田運輸のクレーマー・バタコ(香里奈)と凌介の妻・真帆(宮沢りえ)のママ友・菱田朋子(桜井ユキ)は、激しい格闘の末、2人とも逃走する。

 そんな中、凌介は自宅で身に覚えのない血が付いた包丁を発見する。凌介が警察に通報すると、その包丁が、真帆の不倫相手の林(深水元基)を殺した凶器であると断定される。

 凌介の自宅は家宅捜索され、凌介と篤斗の父子鑑定をした通知が押収される。鑑定結果を見られずにいた凌介だったが、刑事の阿久津(渋川清彦)から「篤斗は実子ではない」という結果を知らされ、衝撃を受ける。

 また、凌介の家族の失踪当日のNシステムを調査する阿久津らは、白い車の助手席に乗る篤斗の姿を発見。その車は宗教団体“かがやきの世界”に、関連していることが判明する。

 一方、バタコは病院で凌介に接触する。バタコは凌介に毒入りの茶を差し出し、それを飲んだ凌介は、意識不明の重体に陥る。

 その頃、凌介の娘の光莉(原菜乃華)は、暗い場所で拘束されていた。光莉の前には葬儀屋の陽香(生駒里奈)がたたずみ、陽香はおびえる光莉の血を注射器で抜いていた。

 放送終了後、SNSには、「菱田とバタコのバトルシーンが激アツで笑った。超人格闘バトルになっていた」「菱田とバタコがつながっていないとは…。黒幕が2人いて、光莉と篤斗の失踪は別事件なのかも」「林がめった刺しにされていたってことは恨みかな? 真帆に手を出したことを恨んでいる編集長(田中哲司)がやったとか」などの感想が投稿された。

 また、篤斗のDNA鑑定の結果について、「衝撃過ぎてつらい」「誰かに鑑定結果を差し替えられた可能性はないかな」「鑑定書に母の遺伝子については書いていなかったから、真帆の子でもない可能性がある。バタコの子どもと取り違えがあったとか」といった意見が寄せられた。

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ