エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

ディーン・フジオカ「ものを作るということに対しては、常にピュアでいたい」 監督からは「日本のトム・クルーズになった方がいい」の言葉も

笑顔のディーン・フジオカ (C)エンタメOVO

 映画『Pure Japanese』完成披露舞台あいさつが12日、東京都内で行われ、出演者のディーン・フジオカ、蒔田彩珠、坂口征夫と松永大司監督が登壇した。

 本作は、過去のトラウマを抱えながらアクション俳優として生きる男が、両親のいない孤独な女子高生を救う姿を描いた、バイオレンスアクションムービー。ディーンが企画・プロデュース・主演を務めた。

 ディーンは、完成した作品について、「シンプルに感動しました。ゼロから企画を立てて、本当に素晴らしい出会いに恵まれて、今日ここにたどり着くことができました」と感慨深げに語った。

 また、映画のタイトルにちなみ、「自身のピュアな部分は?」と問われると、「今自分がやっている仕事、ものを作るということに対しては、常にピュアでいたいなと思います」と答えた。

 一方、現場の指揮を任された松永監督は、ディーンが撮影現場では“役者”に専念したことについて、「立ち上げの熱量などを考えると、撮影中も言葉にしたいことはあっただろうに、『映画は監督のものですから』『僕は作品を良くするために監督の後ろにいます』と終始言ってもらえて、これは本当に心強かったです」と語った。

 続けて、「これはディーンさんにも話したのですが、『ディーンさんは日本のトム・クルーズになった方がいいんでないか』と。プロデュースもしながら、役者もする人。そういう存在の人が出てくるべきだと思う」と語ると、会場から大きな拍手が沸いた。

 ディーンは「責任重大ですよね」と照れ笑いを浮かべながら、「あの規模感は、すごくはるか彼方ですけど、地道に一歩一歩やり続けることが大切だと思うので、引き続きピュアな精神で、より良い作品作りを続けていけたら」と語った。

 映画は1月28日から公開。

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ