エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

松田元太「正直ドッキリかと思った」 映画初出演で滝沢秀明に電話相談

(左から)板垣瑞生、福本莉子、松田元太 (C)エンタメOVO

 映画『君が落とした青空』“あおキュン”完成報告イベントが12日、東京都内で行われ、出演者の福本莉子、松田元太(Travis Japan/ジャニーズJr.)、板垣瑞生、横田真悠、莉子、Yuki Saito監督が登壇した。

 本作は、高校3年生の水野実結(福本)と篠原修弥(松田)が織り成すラブストーリー。実結は、交通事故に遭った修弥を救うため、何度もタイムリープして未来を変えるために奔走する。

 松田は映画初出演。最初は「正直ドッキリかと思った」といい、「知らされた日、メンバーの宮近(海斗)と松倉(海斗)と、パスタを食べてたんです。そうしたら事務所に『ちょっと松田、来なさい』と言われて。『はっ?』と思って行ったら、この映画の資料を頂いて『マジですか?』という感じで」とエピソードを披露した。

 「パスタに戻って、『決まったよ』と伝えたら『絶対うそだよ』と言われて。でもすごくうれしかったし、メンバーも後から『とにかく頑張って』と温かい言葉たくさんくれました」と語った。

 また、役作りなどで悩んだときは、「滝沢(秀明)くんに夜中に電話したこともありました。『滝沢くん、やばいかもしれないです』って言ったら、温かい言葉をくださって、なんとか乗り切れました」と明かした。

 具体的な言葉を聞かれると、「それは言えないっすね。心に秘めておかせてください」と語った。

 さらに、劇中の“胸キュンシーン”として福本が「王道ですが、頭ポンポンですかね」とすると、松田も「あれは緊張しました」と同意した。

 松田は「僕はポンポンする側だけど、人生初だから加減が分からない。莉子ちゃんも小柄だし、優しくいこうとすると(手が)1センチぐらい浮いちゃってエアポンポンになっちゃう。でも強めにいったら、押しつぶしちゃいそうで」と苦笑した。

 映画は2月18日から公開。

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ