エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

浜辺美波「夜寝るかのようにガッツリ本気で落ちられる」 柄本佑と撮影現場で“パワーナップ睡眠”

主人公・雪村白夜役の浜辺美波 (C)エンタメOVO

 ドラマ「ドクターホワイト」取材会が11日、東京都内で行われ、出演者の浜辺美波、柄本佑、瀧本美織、岡崎紗絵、片桐仁、高橋努、高橋文哉、勝地涼、小手伸也、石坂浩二が出席した。

 本作は、豊富な医療知識がある正体不明の女性・雪村白夜(浜辺)が、医師たちの診断を「それ、誤診です」と覆して患者の命を救う、新感覚の医療ミステリードラマ。

 浜辺は、昨晩第1話を見たそうで、「クスっと笑えるシーンが散りばめられていて、月曜の夜にちょっと見たくなる作品になっています。魅力あふれる出演者の癖の強さも見どころです」とアピールした。

 また、主人公の持つ才能にちなみ、「『これだけは負けない』という自身の秀でた才能は?」と尋ねられた浜辺は、撮影中のちょっとした空き時間に、「夜寝るかのようにガッツリ本気で落ちられること」と回答。

 「すごく長けているなと思うのですが、『眠たいな、寝ようかな』とかじゃなくて、『寝ましょう!』と横になると、パッと落ちられる。そこからペッと起きられるので、これはすごいなと思います」と胸を張った。

 柄本も同じ能力があるそうで、「浜辺さんに負けない自信がある。15分とかちょっと中空きがあるとガッと一気に寝て、そこから起きると何時間も寝たみたいに体が回復するんです」と説明。浜辺は「私たちはこれを“パワーナップ睡眠”と呼んでいます」とほほ笑んだ。

 一方、石坂は、同じ質問に「方向感覚は負けない」と回答。「カーナビが要らない。外国に行ったときも迷わない。ただし酒が入ると全く駄目。うちに永遠に帰れない」と笑わせた。

 瀧本は「出来事を全部西暦で覚えています。『あれっていつだっけ?』と聞かれると、『何年だよ』とサッと西暦で言えます。頭がそうなっているんですかね。年表が出てくるというか…」と明かして共演者を驚かせた。

 ドラマは17日午後10時からカンテレ・フジテレビ系で放送スタート。

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ