エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

生田斗真「私情が入り過ぎてるよ!」 弟・竜聖アナと舞台あいさつで“共演”

主演の生田斗真 (C)エンタメOVO

 映画『土竜の唄 FINAL』初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、鈴木亮平、滝沢カレン、仲里依紗、堤真一と三池崇史監督、脚本の宮藤官九郎が登壇した。

 本作は、高橋のぼる氏の人気漫画『土竜の唄』を実写化したアクションコメディシリーズの完結編。落ちこぼれの警察官・菊川玲二(生田)が潜入捜査官“モグラ”として犯罪組織に潜り込み、ターゲットを挙げるために奮闘する様子を描く。

 約8年にわたって玲二を演じてきた生田は「Part1を作ったときはシリーズ化されるなんて全く思ってもみなかった。それがPart2、Part3まで製作でき、こうしてお客さんに見てもらえたことが夢のようにうれしいです」と語った。

 イベントの司会は生田の実弟・生田竜聖アナウンサーが担当。生田アナは「『土竜の唄』で裸の兄を初めて見たときは、弟ながら“このまま兄はどこに向かってしまうのか”と思いましたが、こうしてみんなに愛されている姿を見て、私もうれしく思います」としみじみ語った。

 すかさず生田が、「私情が入り過ぎてるよ!」と突っ込みを入れ、笑いを誘った。

 そんな生田アナは、本作にアナウンサー役として出演。「どうでした?」と弟から感想を問われた生田は「緊張し過ぎだよ。堅かった」と駄目出しをして会場を盛り上げた。

 また、映画のタイトルにちなみ、「これでFINALにしたいこと」をキャスト陣が発表した。生田は「白T(シロティー)」と書いたフリップを掲げ、「僕、白Tが大好きで、同じ白Tシャツを10枚以上持っている。プライベートのときは、そればっかり着ているけど、そろそろやめたいなって」と苦笑。

 「仲さんみたいにピンクを着たり、洋服でチャレンジしたい」と意気込む生田だったが、生田アナは「多分FINALにはならないですね」と兄の今後を予想した。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ