エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

清原果耶、TBS火曜ドラマで民放ドラマ初主演 空手の日本代表を目指す“スポ根女子”役

「ファイトソング」に主演する清原果耶 (C)TBS

 女優の清原果耶が、来年1月期の連続ドラマ「ファイトソング」(TBS系、毎週火曜午後10時)に主演することが分かった。今年度前期放送のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」でヒロインを演じた清原が、民放ドラマ初主演を果たす。

 本作で清原が演じるのは、空手の日本代表を目指す主人公・木皿花枝(きさら・はなえ)。児童養護施設で育ち、持ち前の明るさとスポーツ根性で、あらゆる逆境を跳ね飛ばしていくポジティブな役どころだ。

 清原は「ドラマのお話を頂いたときは、私がやってもいいのだろうか? という気持ちが少しありました。緊張していますが、民放ドラマ初主演という形で作品に参加させていただくので、自分にできることを120パーセント出せたらいいなと思います」とのコメントを寄せた。

 役柄については、「ずっと空手一筋で、恋もしたことがなかったスポ根女子。持ち前の明るさで逆境を跳ね飛ばしていく、とてもポジティブな女の子です」と紹介。

 「今まで演じたことのない役柄なので、新しい一面を見せられたらいいなと思っています。(空手の)練習を頑張っていますので、空手シーンもぜひ見ていただけたら」と呼び掛けた。

 物語の始まりで、花枝は突然、空手選手の夢を断たれてしまう。全てを失い、人生のどん底に陥った花枝だが、試合前に必ず聞いていた勝負曲の作者・芦田春樹との運命の出会いが訪れる―。と思いきや、芦田は今や落ちぶれた一発屋。こじらせまくった変人ミュージシャンになっていた。

 それまで空手一筋で恋もしたことがなかった花枝と、「人の心が分からないからいい曲が書けないんだ」とクビ寸前の芦田。そんな崖っぷちの2人がひょんなことから手を組み、「うそだけど本気の恋愛」にチャレンジしていく姿が描かれる。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ