エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

令和版「東京ラブストーリー」“さとみ”石井杏奈の電話トラップ発動に反響 「『愛されたい』のクロスカウンターでみんなボコボコ」

「東京ラブストーリー」第6話のワンシーン (C)柴門ふみ/小学館 フジテレビジョン

 伊藤健太郎が主演するドラマ「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)の6話「繋がる思い、離れる心」が、16日深夜に放送された。

 本作は、1991年にフジテレビ系で放送された織田裕二、鈴木保奈美主演の同名ドラマを、昨年、29年ぶりに制作。動画配信サービス「FOD」などで配信したものを地上波で初放送している。(以下、ネタバレあり)

 カンチ(伊藤)はリカ(石橋静河)に、もうすぐ誕生日だと伝えるが、「どうしてみんな誕生日を特別にしたがるんだろう?」と言われてモヤモヤしていた。

 そんな中、盲腸で入院しているさとみ(石井杏奈)の見舞いに行ったカンチは、さとみと三上(清原翔)が一緒に暮らすことを決めたと聞く。

 ところが、三上と一緒に暮らし始めたさとみは、三上の洗濯物からホテルのレシートを見つけ、浮気に気付いて家を出る。

 一方、誕生日を一緒に過ごすため、リカが待つ自宅へ向かうカンチだったが、リカから「仕事で遅くなる」とうその電話が入り、落胆。

 そのとき、傷心のさとみから電話が入り、カンチは心配のあまりさとみのもとへ向かうが…。

 放送終了後、SNS上には、「リカがこんなうそをつかなければ」「あー来てしまった、さとみからの電話」「このまま帰って!カンチ!」「『愛されたい』のクロスカウンターでみんなボコボコ」など、すれ違う4人についての反響が寄せられた。

 また、脚本担当の北川亜矢子氏が公式Twitterで、「最初はドラマ的なせりふを一切排除して書いてたんだけど、『せりふが自然過ぎて全部流れてしまう』と指摘を受け、『ほんまそうやな』と今の感じになった」「やはりドラマにはドラマ的なせりふやシーンが必要だと思う」とツイートしたことにも反響が集まった。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ