エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「ラジエーションハウスⅡ」“陽一”戸塚純貴と“悠木”矢野聖人の友情に涙腺崩壊 広瀬アリスも「泣いた。ロボット悠木に泣かされた」

「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」7話のワンシーン (C)フジテレビ

 窪田正孝が主演するドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)第7話が、15日に放送された。

 本作は、2019年4月期の「月9」ドラマとして放送された「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の続編。天才放射線技師の五十嵐唯織(窪田)と放射線技師たちの物語を描く。(※以下、ネタバレあり)

 ある日、唯織(窪田)のもとへ、杏(本田翼)の父親で離島で診療所を開いている正一(佐戸井けん太)が、突然訪ねてくる。すい臓がんを患う正一は、唯織に患部の画像を見せるが、すでに外科手術も不可能な状況だった。

 同じ頃、ラジハメンバーの悠木(矢野聖人)は、昼食の時間も惜しんで技術習得のための勉強を続けていたが、原因不明の腰痛に襲われる。

 そんな中、末期がん患者の今井陽一(戸塚純貴)が心筋梗塞を起こし、緊急搬送されてくる。陽一はまだ26歳の若さだが、精巣がんが全身に転移しており、抗がん剤治療を止め、痛みを和らげる緩和ケアに切り替えていた。

 そして、陽一と同じ病室に入った悠木が、「何でそんなに明るくできるの?」と問うと、逆に陽一から「がん患者は暗くしてなきゃ駄目?」と問い返される。その後、2人はたわいもない会話をしながら、次第に心を通わせていく。

 放送終了後のSNS上には、「今週のラジハ、戸塚くん泣かせてくれる」「おえつするほど涙」「最後のシーンは涙腺崩壊でしょ」「悠木くんの涙にもらい泣き」など、矢野とゲスト出演した戸塚の演技に反響が集まった。

  また、裕乃役で出演している広瀬アリスも公式Twitterで「泣いた。ロボット悠木に泣かされた」「心臓をギュッとつかまれる第7話」とツイートしたことにも、反響が集まった。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ