エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

段田安則「カムカムエヴリバディ」で雉真千吉役 2人の“息子”にとっては「厳しいようで優しい、いいお父さん」

雉真千吉役の段田安則 (C)NHK

 上白石萌音が初代ヒロインの安子を演じるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。稔(松村北斗)と勇(村上虹郎)の父・雉真千吉(きじま・せんきち)を演じる段田安則からインタビューコメントが届いた。

 千吉は、岡山で雉真繊維を一代で築き上げた地元でも知られる実力者。跡継ぎの稔と一緒にさらに事業の拡大を目指しているという役どころ。

 段田は「今回、久しぶりに“朝ドラ”にお声掛けいただいて、NHK大阪で父親の役だということで楽しみにしておりました」とコメント。 

 「大阪の体制は家族的な感じで、私自身も京都の人間なので、波長が合うのか楽しいです。それで、あまり内容もよく知らず『やりたいです』とお返事をしました。てっきり大阪言葉だと思っていたら、岡山言葉だということで、『えらいこっちゃ!』となったんです」と笑う。

 千吉については、「岡山で、雉真繊維を一代で築いたお父さん。仕事ができる人物ですが、本当につらい時代に生きていて、ましてや息子2人の父親というのは、つらいこともいっぱいあったんだろうなと想像しています。稔と勇、2人のいい息子たちと妻の美都里(YOU)に囲まれて、千吉は幸せだと思います。厳しいようで優しい、いいお父さんだなと思います」と語った。

 息子役の松村、村上とは初共演となる。「役柄の稔と勇がそれぞれ違うように、あの2人もちょっと違うタイプ。でも、両方いい息子です。外見だけでなくて、気持ちがいい俳優さんの2人だなと思います」と語った。

 安子役の上白石についても、「いい子ですよ。見てくださっている方もそうでしょうけど、台本を読んでいても本当に安子の味方になってしまうんです。“朝ドラ”ヒロインはどれも視聴者が味方になって見る組み立てなんでしょうけれども」と笑顔で話した。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ