エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

篠原涼子、主演作「金魚妻」をアピール 「大胆でエロチックなシーンは体当たりで」

長谷川京子(左)と篠原涼子 (C)エンタメOVO

 Netflixで今秋以降に配信されるラインナップを発表する「Netflix Festival Japan 2021」が10日、東京都内で行われ、Netflixオリジナルシリーズ「金魚妻」に出演する篠原涼子、長谷川京子と並木道子監督が登壇した。

 本作は、さまざまな事情と思いを抱える女性たちの“禁断の不倫愛”を描いた同名漫画が原作。篠原は、夫からの身体的・精神的暴力に苦しむ主人公・さくらを演じ、傷ついたさくらを優しく受け入れる春斗を岩田剛典が演じる。

 篠原は「本当に皆さんが体当たりで挑んだ作品になっています。すごく見応えがあって、一人一人の物語にいろんな感情や気持ちが込められています。皆さんがご覧になったときに、自分と照らし合わせて見られる作品になっていると思います」とアピールした。

 ある事情から、さくらに挑むような態度を取るゆり葉を演じた長谷川は「私は、家でテレビといえばNetflixというほどの大ファン。今回、素晴らしい作品に出会って参加させていただけたことがとてもうれしいです」とあいさつした。

 そんな2人は、ぬれ場にも挑戦した。篠原は「大胆でエロチックなシーンは、皆さん体当たりでさせていただいた。女性の作家なので、繊細に、きれいに、美しく表現されている。そういう意味では、女性が見ても男性が見ても恥ずかしくない。見やすいと言ったら言葉が合っていないかもしれませんが、期待してもらってもいいんじゃないかな」と自信をのぞかせた。

 また、安藤政信が演じる夫の卓弥からDVを受ける役だが、「卓弥の心情も上手に描かれていて、卓弥の目線でストーリーを見ると、卓弥の気持ちにもなれる。ただの悪者…ということでは片付けられないような話になっている」と語った。

 「金魚妻」は2022年、全世界同時配信予定。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ