エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「真犯人フラグ」“菱田”桜井ユキの不気味なほほ笑みが「怖い」 息子への口止めシーンに「闇が深い」「押し入れの中身が気になる」

“凌介”西島秀俊(左)と“菱田”桜井ユキ (C)日本テレビ

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第4話が、7日に放送された。

 本作は、家族が失踪してしまったサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目を向けられ、追い詰められていく姿を描く考察ミステリー。(※以下、ネタバレあり)

 凌介が妻の真帆(宮沢りえ)の保険金の受取人になっていることがインターネットで拡散される。しかも、生命保険の加入は失踪直前。マスコミもこの情報を追い、子どもたちにも生命保険が掛けられていたというデマが広がる。

 凌介が勤める亀田運輸では、大阪の本社にまで苦情電話が殺到。凌介は会社の指示で記者会見を行い、身の潔白を証明することになる。

 一方、警察の捜査により、娘の光莉(原菜乃華)のスマホと真帆の指輪が発見された現場で、犯人のものらしき女性の足跡が見付かる。凌介に関する陰謀論動画を作り続けるYouTuberのぷろびん(柄本時生)のもとには、何者かによる情報提供のメッセージが届く。

 そして、迎えた記者会見当日。会場に多くのマスコミが集まる中、凌介は報道陣からの質問に丁寧に答えていく。しかし、記者から凌介の不倫現場写真や、冷凍遺体が会社に送られてきたことを隠ぺいしたのではないかという疑惑を追及され、窮地に陥る。

 終盤では、真帆のママ友・菱田(桜井ユキ)が、自宅の押し入れで“何か”を発見した息子(桑名愛斗)に対し、人さし指を口に当てて「シーッ!」と口止めをし、不気味にほほ笑むシーンが放送された。

 放送終了後、SNS上には、このラストシーンへの反響が多く集まり、「菱田さんが超怖かった。闇が深いし、ヤバい人だったんだ」「桜井ユキが怖っ! 押入れに何を隠していたのかが気になる」といった声が投稿された。

 また、「押し入れの中身は元旦那かな」「子どもがビビったから、子どもが見てもヤバいと思うもの…。シイタケ栽培だったら笑える」「凌介の息子のユニフォームとか、凌介の写真が一面に貼ってあったとか。失踪の核心とは別に、何らかの事情で秘密がありそう」といった考察が寄せられた。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ