エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

田中圭、永野芽郁は「思った以上に感情が顔に出る」 「僕はそれを見るのが好きで好きでたまらない」

田中圭(左)と永野芽郁 (C)エンタメOVO

 映画『そして、バトンは渡された』大ヒット御礼舞台あいさつが4日、東京都内で行われ、出演者の永野芽郁と田中圭が登壇した。

 本作は、4回名字が変わった優子(永野)が、親が命を懸けてついたうそを知り、想像を超える愛に気付く感動作。

 劇中で義理の親子を演じた2人。改めて田中の印象を尋ねられた永野は「いつかご一緒できたらいいなと思っていた。初めて現場でお会いしたときから、一瞬で人を好きにさせる魅力が爆発している方だなって思いました」とべた褒め。

 これを聞いた田中は「どんどん言って!」と調子に乗って笑いを誘った。

 また、「次はどんな関係の役で共演したい?」と聞かれた永野が「上司と部下。コメディーがいい」と答えると、田中も「コメディーいいよね。芽郁ちゃんをイジり倒したい。全然台本にないこととかを言って、シンプルに困らせたい。多分すごいことを返してくれる気がします」と応じた。

 さらに、共演を通じて知った「互いの秘密」について聞かれた田中は「芽郁ちゃんは、ものすごく素直なので、自分が思っている以上に感情が顔に出ている」と明かした。

 続けて、「僕らの仕事って、皆さんの前に出ているときに、不機嫌な態度を取る人なんて圧倒的に少ない。でも芽郁ちゃんは、いつか腹が立つことがあったら、隠しても顔に出ちゃうと思う」と予想した。

 永野が「それ駄目じゃないですか?」と苦笑すると、田中は「隠そうとしているのはみんなに伝わるから」とフォロー。

 そして、「ふてくされているとか、眠いとか、おなかすいたとか、めちゃくちゃ顔に出ている。僕はそれを見るのが好きで好きでたまらない」と」と明かした。

 永野は「確かに、なんでご飯食べさせてくれないんだろって、思ったりしています」と反省気味に笑った。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ