エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「最愛」謎を呼ぶ事件にさまざまな考察 「梨央の父の死が不可解」「加瀬と優が親子なのかも」

“大輝”松下洸平(左)と“桑田”佐久間由衣 (C)TBS

 吉高由里子が主演するドラマ「最愛」(TBS系)の第3話が、29日に放送された。

 本作は、殺人事件の重要参考人となった実業家の真田梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手で事件の真相を追う刑事の宮崎大輝(松下洸平)、梨央を守る弁護士の加瀬賢一郎(井浦新)を中心に展開するサスペンスラブストーリー。(※以下、ネタバレあり)

 大輝から「友達として話をしたい」と言われた梨央は、近所の鉄板焼き店へ。昔のような空気が2人の間に流れ、梨央は事件当夜のことを話し始める。

 署に戻った大輝は、梨央の足取りを付近の防犯カメラで確認。彼女の話に矛盾はなく、相棒の桑田(佐久間由衣)も、梨央は犯人ではないと感じるが、同時にどこか煮え切らない大輝の態度が引っ掛かった。

 そんな折、梨央の会社「真田ウェルネス」に脅迫メールが届く。専務の後藤(及川光博)は、事業説明会の中止を進言するが、何としても新薬開発を成功させたい梨央は「中止はしない」と断言。

 説明会がアナリストやメディアに評価され、新薬が承認されれば、突然姿を消した弟の優が戻ってくるかもしれないという思いもあった。物々しい警備体制のなか、事業説明会が始まる。

 放送終了後、SNS上には「謎が謎を呼ぶドラマで面白い。吉高由里子の泣くシーンの演技はさすがだ」「『最愛』の井浦新が好き過ぎる。梨央を守るシーンにキュンキュンした」などの感想が集まった。

 また、事件の謎に関するさまざまな考察が投稿され、「弟は情報屋で事件に絡んでいるけれど、犯人ではないと思う」「加瀬と優が親子なのかも。優の置き手紙とはがきの筆跡も違う気がする」「やっぱり梨央のお父さん(光石研)の死が不可解。くも膜下出血ではない気がする。絶対に黒幕がいる」「渡辺父(酒向芳)を殺したのは、梓(薬師丸ひろ子)の指示で、兄の政信(奥野瑛太)がやったのかな」などのコメントが寄せられた。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ