エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「ドクターX」“ドS秘書役”の結城モエ 米倉涼子に「プロという圧倒的なものを感じた」

「ドクターX」で秘書役を演じる結城モエ (C)エンタメOVO

 米倉涼子主演のドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」に“ドS秘書役”として出演している結城モエが、27日、東京都内で取材に応じた。

 本作は、日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、フリーランス外科医・大門未知子(米倉)の活躍を描く人気ドラマの第7シリーズ。

 結城は、西田敏行が演じる「東帝大学病院」外科分院長の秘書・朝蜘優衣役を演じている。

 出演が決まったときの気持ちについて、結城は「去年、私は『ドクターY~外科医・加地秀樹~』というスピンオフ作品に出させていただいていて、同じ秘書という役で本編に出させていただけるなんて夢にも思っていなかったので、うれしかったです」と笑顔で話した。

 “ドS秘書”という自身の役どころについては、「強いSというよりも、みんなにこびることなく、自由にやりたいことはやっちゃうよ、という意味のSなので、そういうおてんばな感じのSっぷりが、後半に向けて強くなっていくのかなと思います」と語った。

 主演の米倉の印象を聞かれると、「米倉さんは大門未知子という役を長い間されてきただけあって、初日からしっかりと役に入り込んでいて、ストイックな印象を受けました。気さくで、誰に対しても同じように振る舞われる方なのですが、それ以上にプロという圧倒的なものを感じました」と明かした。

 慶応大学出身の結城。「今後はどんな女優像を目指している?」との問いには、「私は歴史を学ぶことが好きですし、家族で日曜日に大河ドラマを見るのが恒例行事みたいな家だったので、ああいう時代を生き抜く強い女性に憧れがあります。『篤姫』が大好きで、宮崎あおいさんのお芝居に引かれるものがあったので、私もそういうふうになれたらと思います」と抱負を語った。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ