エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

岡田准一「『MADE IN JAPAN』は“野望の歌”」 「日本製のものを作って世界に出たい」

(左から)原田眞人監督、尾上右近、鈴木亮平、岡田准一、柴咲コウ、山田涼介、伊藤英明 (C)エンタメOVO

 映画『燃えよ剣』初日舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、尾上右近、伊藤英明と原田眞人監督が登壇した。

 本作は、司馬遼太郎が、新選組の志士たちの知られざる人生を描いた同名小説を映画化。副長の土方歳三を岡田が演じ、土方の盟友で局長の近藤勇を鈴木が演じた。

 映画にちなみ、「自身の夢」を尋ねられたキャストたち。岡田は「日本から世界に売れるものをちゃんと作りたいという夢はずっと持っています。日本産というか、16歳のときから『MADE IN JAPAN』という歌を歌っているので」とV6の曲に絡めて、笑いを誘った。

 鈴木が「あのときから…?」と突っ込むと、岡田は「あのときからです」と笑顔でうなずき、「日本製のものを作って世界に出たい、という思いはずっと強くあります。スラッと聞いていると思いますが、あれは“野望の歌”ですから」とアピールした。

 沖田総司役の山田は「昔から、夢とか目標を持つのは得意でなくて…」と申し訳なさそうにコメント。岡田が「もっと小さい夢とかは?」と聞くと、山田は「大きいかもしれませんが、エマ・ワトソンに会いたいです」と告白。これを聞いた岡田は「あるじゃない。共演できるかもしれない」とエールを送った。

 芹沢鴨役の伊藤は「小学校のときに見た『敦煌』という映画で、西田敏行さんが馬に乗ってかっちゅうを着て暴れ回る姿を見て、こうなりたいって思っていた。それを最近思い出して、『俺役者になりたかったんだ』って…」と感慨深げに話した。

 そして、「今回は岡田准一さんという素晴らしい俳優とご一緒して、岡田さんの俳優としての覚悟、誇りを見た気がして、自分もこういういい俳優になりたいと思いました。この映画がヒットして『2』があったらまた呼んでいただきたい」と語った。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ