エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「恋です!」“ユキコ”杉咲花と“森生”杉野遥亮の恋が始動 「森生の人柄がイケメン過ぎて泣けた」

主人公の“ユキコ”杉咲花(左)と“森生”杉野遥亮 (C)日本テレビ

 杉咲花が主演するドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(日本テレビ系)の初回が6日に放送された。

 本作は、弱視の盲学校生・赤座ユキコ(杉咲)と、けんかっ早いけれど純粋なヤンキー・黒川森生(杉野遥亮)が、運命の出会いを果たし、引かれ合っていく様子を描くラブコメディー。(※以下、ネタバレあり)

 盲学校の高等部に通うユキコは、カメラマンの父・誠二(岸谷五朗)と、心配性なネイリストの姉・イズミ(奈緒)との3人暮らし。

 色と光がぼんやり分かる程度のユキコは、いつものように白つえを付いて学校へ向かうと、点字ブロックの上で話し込む男たちに遭遇する。

 物騒な会話を交わす男たちに、どいてほしいと頼むユキコだが、相手は地元でも有名なワル「黒ヒョウのモリ」ことヤンキーの森生と、その仲間たちだった。

 森生につえをつかまれたユキコは、反射的に森生の股間を蹴り上げる。悶え苦しむ森生を心配し、よく見ようとのぞき込むユキコ。だが、その瞬間、ユキコの顔の近さに驚いた森生は、思わずフリーズ。森生はユキコに恋をしてしまう。

 その日以来、ユキコのことを通学路で待ち伏せするようになった森生は、ユキコに大きな文字で「恋です!」と書いたラブレターを渡す。

 森生のヤンキーのライバル・獅子王(鈴木伸之)の登場や、恋のライバル・ハチ子(生見愛瑠)による波乱も予感させる中、ユキコと森生のラブストーリーが始まる。

 放送終了後、SNS上には、「杉咲花ちゃんの演技が最高。ユキコさんの強気なところがいい」「杉野くんが演じる森生の人柄がイケメン過ぎて泣けた。優しいし、素直だし、かわい過ぎ」「口角と涙腺が両方緩むドラマ。2人の恋がどのように進展していくのかが楽しみ」などの感想が寄せられた。

 また、本作は弱視のユキコの視点で描かれていることから、「弱視の人が困っていることや普段の生活に必要なことに気付けるのがうれしい」「点字ブロックの上に自転車を置かないように、気を付けたいと思う」「弱視に対する解説が親切に感じた。ドラマを通じてバリアフリーへの理解が広がるといいな」といった声も投稿された。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ