エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「ラジエーションハウスⅡ」窪田正孝“唯織”とラジハメンバー再集結に反響 「みんな戻ってきて技師長ニコニコしてるのかわええ」

主人公の天才放射線技師・五十嵐唯織を演しる窪田正孝 (C)フジテレビ

 窪田正孝が主演する「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)第1話15分拡大スペシャルが、4日に放送された。

 本作は、2019年4月期の「月9」ドラマとして放送された「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の続編。(※以下、ネタバレあり)

 甘春総合病院に勤務していた天才放射線技師の五十嵐唯織(窪田)は、2年間の渡米生活を終えて帰国した。

 唯織は、思いを寄せていた甘春杏(本田翼)が放射線科医として勤務する甘春総合病院への復帰を望んでいたが、杏がいないことを知る。

 甘春総合病院は、院長だった大森渚(和久井映見)の後を引き継いだ新院長の灰島将人(高嶋政宏)が、病院の合理化を実施していた。

 それに伴い、ラジエーションハウスも規模が縮小され、黒羽たまき(山口紗弥加)、軒下吾郎(浜野謙太)、威能圭(丸山智己)、悠木倫(矢野聖人)は、甘春総合病院を辞め、それぞれ別の病院に勤務していた。

 そんなある日、バイオリニストの宝生真凛(田中みな実)がリサイタル中に倒れるという事態が起きる。客席にいた灰島は、彼女を甘春総合病院へ救急搬送するが…。

 放送終了後、SNS上には、「『ラジハ2』期待通りおもろい」「私の理想のドラマに近過ぎてしんどい」「みんな戻ってきて技師長(遠藤憲一)がニコニコしてるのかわええ」などの反響が集まり、「高嶋兄と、和久井映見のパワーバランスが絶妙にいい」などのコメントが寄せられた。  

 また、唯織と同様に杏に思いを寄せる辻村医師(鈴木伸之)については、「脳内で『デスプリンス!』という声がこだまする」「鳴宮美月先生(田中)とデスプリンスがいるね、この病院」などのコメントが上がり、今年7月期放送の日本テレビ系ドラマ「ボクの殺意が恋をした」に続き、主人公の恋のライバル役を演じる鈴木も話題となった。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ