エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

小松菜奈と坂口健太郎、映画『余命10年』にW主演 坂口「自分がそこにいる作品で、こんなに泣いたのは初めて」

映画のティザービジュアル  (C)2022 映画「余命10 年」製作委員会

 2022年春公開の映画『余命10年』に小松菜奈と坂口健太郎がW主演することが発表され、ティザービジュアルと特報映像も公開された。

 本作は、切な過ぎる恋愛小説としてSNSなどで反響が広がった小坂流加氏の同名小説を映画化。監督は『新聞記者』(19)の藤井道人氏。脚本を岡田惠和氏と渡邉真子氏、音楽をRADWIMPSがそれぞれ担当する。

 数万人に一人という不治の病で、余命が10年であることを知った20歳の茉莉(まつり)は生きることに執着しないよう、恋だけは決してしないと心に決めていた。しかし、地元の同窓会で和人(かずと)と出会い、茉莉の10年は大きく動いていく。

 茉莉役演じた小松は「このお話は、題名の通り、命のお話です。もちろん、命なので軽いものではないからこそ、簡単には挑めないことも分かっていましたし、どのように伝え、どのように受けとられるのか、正直、私も演じる前はいろいろ考えました」と語った。

 続けて、「でも、最後を見るのではなく、その人が生きている過程をどう生きてあげるか。生きている証をどう刻むのか。その気持ち次第で見え方と演じ方が180度変わる、私が彼女の人生を生きようと覚悟が決まった瞬間です」と明かした。

 和人を演じた坂口も「すごい瞬間を見た、確かに生きていたと思った。自分がそこにいる作品で、こんなに泣いたのは初めてでした。改めて命を考える、一人でも多くの人に見てほしい作品になりました」とコメントを寄せた。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ