エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「推しの王子様」“泉美”比嘉愛未が波乱の展開に 「キスを避けられるディーン様に胸が痛む」

光井と別れ、退社する道を選んだ“泉美”比嘉愛未 (C)フジテレビ

 比嘉愛未が主演するドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系)の第10話が、16日に放送された。

 本作は、乙女ゲームを手掛ける企業の社長・日高泉美(比嘉)が、ゲーム内に登場する“推しキャラクター”のケント様に外見がそっくりな航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てる物語。(※以下、ネタバレあり)

 泉美の会社「ペガサス・インク」は、十蔵(船越英一郎)が率いる大手メーカー「ランタン・ホールディングス」の傘下に入った。

 ペガサスには、ランタン側からやってきた小島(竹森千人)が統括部長として企画開発に加わり、光井(ディーン・フジオカ)や航らは、ランタン側からの一方的な要求に翻弄(ほんろう)される。

 そんな中、泉美は十蔵から提案された『銀河のラビリンス』のコンシューマーゲーム化を目指した大事なプレゼンの場で、失態を犯してしまう。

 泉美は、光井や航ら、ペガサスのスタッフたちに迷惑を掛けてしまったことに苦しみ、乙女ゲームへの情熱も失い、「ペガサスを辞める」という結論を出す。

 そして、泉美は社員たちに退社を告げ、交際を始めたばかりの光井にも別れを告げる。航は泉美を追って彼女の自宅へと走るが、そこはすでに、もぬけの殻になっていた。

 放送終了後、SNS上には、「ミッチー(光井)と泉美ちゃん、めっちゃお似合いだったのに、つらい展開」「キスを避けられるディーン様を見ていると胸が痛む」「ディーン様の『俺じゃ、君の支えにならないのか』ってせりふが泣けた」「ミッチーも泉美が航のことを忘れられないと気付いて頑張っていたんだろうけど、悲しい」などのコメントが投稿された。

 また、次週の最終回について、「ズタボロの泉美ちゃん、最後は航と幸せになってほしい」「泉美ちゃんは、まずは休養が必要だね。波乱だったけれど、最終回はハッピーエンドになりますように」「最終話まで、泉美ちゃんを応援します。ミッチーとアリス(瀬戸利樹)も幸せになってほしい」といった声も寄せられた。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ