エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

長谷川博己、染谷将太のコメントに「思い出しちゃった」 「現世で一緒に飲めたことが本当にうれしい」

長谷川博己(左)と染谷将太 (C)エンタメOVO

 キリンビールのクラフトビール「スプリングバレー」3000万本突破記念祝杯式が16日、東京都内で行われ、ブランドアンバサダーを務める長谷川博己、新CMに出演した染谷将太が登壇した。

 新CMは、ある店内が舞台。「SPRING VALLEY 豊潤<496>」を飲むのは初めてという染谷に、長谷川がこだわり抜いた本商品の魅力を熱弁する様子がコミカルに描かれる。

 2人は、昨年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で共演。長谷川が主人公の明智光秀を演じ、染谷は織田信長を演じた。

 この日、「とても仲のいい盟友、戦友が来てくれました」と染谷を紹介した長谷川は、CM撮影について、「楽しかったです。和装でなくて、こういう現代の服で会うのがすごく不思議な感じがしました」と笑顔で振り返った。

 染谷は、CM撮影について聞かれると、「久々に一緒でうれしかったです。おいしいスプリングバレーを飲みながら、このままゆっくり味わいたい。長く楽しみたい。このおいしさを長く…。そんな幸せな時間でした」とにっこり。

 「麒麟がくる」のせりふになぞらえたコメントに、長谷川も「ちょっとドキドキしました。何か思い出しちゃったな。思い出しちゃったってタメ口を利いたらいけないか。すみません」と笑いながら、「和やかな雰囲気の中、現世で一緒に飲めたことが本当にうれしいです」と喜びを語った。

 会場では、2人がスプリングバレーの売上好調を祝して乾杯を実施。一口飲んだ長谷川は「あ~、幸せだ。何度飲んでもおいしい。口の中にいっぱいに広がる麦の香りに毎回感動します」とコメント。

 改めて「どんなシーンで楽しみたい?」と尋ねられると、「最近もそうですが、映画を見ながら毎日これを飲んでしまう感じです。おうち時間ですごくぜいたくな時間が過ごせますから」とアピールした。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ