エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

映画『ドント・ルック・アップ』の初映像と場面写真が解禁に ディカプリオが“超アガリ症”の天文学者を演じる

Netflixオリジナル映画『ドント・ルック・アップ』12月24日独占配信開始

 12月24日から動画配信サービス「Netflix」で、映画『ドント・ルック・アップ』が独占配信される(一部劇場での公開予定もある)。今回、豪華キャストが演じる個性的なキャラクターを捉えた初映像と場面写真が解禁された。

 本作は、彗星(すいせい)衝突という地球の危機を発見した天文学者と教え子が、世界の人々にその事実を何とかして伝えようと奔走する姿をユーモラスに描く。

 主演のレオナルド・ディカプリオとジェニファー・ローレンスのほか、メリル・ストリープ、ケイト・ブランシェット、ティモシー・シャラメ、アリアナ・グランデ、ジョナ・ヒル、マーク・ライランス…といった高い知名度と実力を兼ね備えたキャスト陣が話題となっている。

 解禁になった映像では、危機を知らせようとする天文学専攻のミンディ博士(ディカプリオ)と教え子の大学院生ケイト(ローレンス)、そして彼らを取り巻く、くせ者たちの姿が次々と映し出される。

 正念場を前に緊張しまくりの超アガリ症なミンディ博士と、教え子ながらも冷静に彼を支えるしっかり者のケイト。そんな凸凹コンビが、オーリアン大統領(ストリープ)とジェイソン補佐官(ヒル)と相まみえるも、あがり過ぎて、全く相手にされない。

 さらに、ブランシェットが演じるTV 司会者、シャラメが演じる謎の若者らも登場。彼らは、ミンディ博士とケイトを翻弄(ほんろう)するのか、あるいは助けるのか…? 彗星の衝突までたった半年。全く思い通りにならない地球救出劇の結末とは…。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ