エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

関ジャニ∞「ドラクエウォーク」2周年アンバサダーに “ガチユーザー”の横山裕「本当に感謝」

ドラクエの魅力を語った横山裕  (C)エンタメOVO

 「ドラゴンクエストウォーク2周年アンバサダー就任発表会」が1日、東京都内で行われ、関ジャニ∞の村上信五、横山裕、丸山隆平、安田章大、大倉忠義が登壇した。

 関ジャニ∞が同ゲームの「2周年アンバサダー」に就任。関ジャニが出演する新CMも12日からオンエアされる。

 おなじみの音楽が流れる中、登場した横山は「すごく感慨深い。ずっと子どもの頃から楽しんでいた『ドラクエ』に、大人になって仕事で携わらせていただいて本当に感謝しています」と喜びを語った。

 同ゲームのプロデューサー柴貴正氏は「めちゃくちゃ“ガチのユーザー”がいるという話を業界筋から聞きまして、横山さんなんですが…」と今回の起用理由を説明した。

 柴氏とCM撮影で初対面したという横山は「柴さんがプロデューサーの方とは知らず、データを見せ合ったら『すげーやっている方がいる』と思って、尊敬もあって話が弾んじゃいました。早速フレンド登録もしてもらって、弟にめちゃくちゃ自慢しました」とエピソードを明かして笑わせた。

 そんな横山は、ツアーの移動中も、全国にあるランドマークで挑戦できる「ご当地クエスト」などでずっとプレーしているという。

 村上が「地方に行ったときも『ご当地がなんや』とずっと言ってました」と明かすと、大倉も「ヘリコプターの中でもやっていました」と暴露。

 横山は「ドラクエウォーク、ヘリコプターでも反応するんですよ。びっくりしました。それで僕、(大阪の)海遊館のお土産が取れたんです」とうれしそうに話した。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ