エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

“麻酔科医・冬木”小手伸也の活躍に「父強し」の声 「冬木先生は子どもが憧れる立派な副チーフ」

喜多見役の鈴木亮平(左)と冬木役の小手伸也 (C)TBS

 鈴木亮平が主演するドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)の第6話が、8日に放送された。

 本作は、人命を救うため、重大事故・災害・事件の危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく救命救急チーム“TOKYO MER”の奮闘を描く。(※以下、ネタバレあり)

 18人の小学生が山中で失踪する謎の事件が発生した。現場に向かったMERの喜多見幸太(鈴木)は、子どもたちを捜索して治療するために、MERメンバーを分散する決断をする。

 ドクターの音羽尚(賀来賢人)と弦巻比奈(中条あやみ)が、原因不明の重症に陥った子どもたちの治療に苦慮する中、喜多見も必死に処置に当たるが、必要な薬剤が足らない。

 さらに治療を続けると、子どもたちがスズメバチに襲われたことが原因で事故が起きたことが判明する。

 遭難した小学生の中には、MERの麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)の息子・壮太(潤浩)がいることも発覚。冬木は息子を捜し出し、スズメハチに刺されながらも、麻酔科医としての責務を全うすべく、MERカーでのオペに参加する。

 放送終了後、SNS上には、「今回も胸熱過ぎた。MERのメンバー全員がスーパーヒーローだった」「喜多見にドローンで点滴を届ける徳丸(佐野勇斗)がナイス過ぎて、キターッて感じだった」「音羽先生がめっちゃ好き。喜多見先生の美しいボディーを眺めるのも毎週の癒やし」などの感想が寄せられた。

 また、麻酔科医・冬木の活躍に反響が集まり、「冬木先生と壮太くんの会話のシーンは、親子で泣きながら見た。父強し!」「自分もけがをしているのに『オペ室の患者さんを守るのは麻酔科医の仕事です』という、冬木先生の言葉は熱かった。頼れる副チーフが誕生した」「小手伸也さんに泣かされた。冬木先生は子どもが憧れる立派な副チーフです」などの投稿が上がった。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ