エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「TOKYO MER」第5話は「熱過ぎる神回」 「賀来賢人の“医師としての選択”がカッコ良過ぎた」

第5話 場面カット  (C)TBS

 鈴木亮平が主演するドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)の第5話が、1日に放送された。

 本作は、人命を救うため、重大事故・災害・事件の危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく救命救急チーム“TOKYO MER”の奮闘を描く。(※以下、ネタバレあり)

 MERのチーフドクター・喜多見幸太(鈴木)の妹・涼香(佐藤栞里)と妊婦を乗せたエレベーターが、火災のため急停止した。

 偶然乗り合わせていた、MERドクターで厚生労働省医系技官の音羽尚(賀来賢人)と大物政治家の天沼夕源(桂文珍)も閉じ込められてしまう。

 煙が充満し、酸欠状態のエレベーター内で妊婦の容態が急変する。出動したMERには、政治家・天沼の救出を優先するよう命令が下り、炎上間近のエレベーター内で音羽は究極の選択を迫られる。喜多見とMERのメンバーは、母子の命を救うため、決死の救出に挑む。

 放送終了後、SNS上には、「面白かった。赤ちゃんが産声をあげるところから涙が止まらなかった」「鈴木亮平さんの冷静さが最高。指示の出し方の滑舌がよくて、落ち着いたトーンで好き」「政治家役の桂文珍がうざ過ぎて笑った」「賀来賢人さんと佐藤栞里さんは恋の予感がする」などの感想が投稿された。

 また、MERをつぶす目的で派遣されている音羽が、官僚としてではなく、医師として決断を下し、母子の救助に当ったことから、「音羽先生が好き過ぎて無理。毎回、助けた後に口の端だけで笑うところが好き」「音羽先生が言い訳なく医者としての選択をした5話は、熱過ぎる神回」「ツンデレの賀来賢人が摂取できて幸せ。カッコ良過ぎて泣いた」などの反響が寄せられた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ