エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「推しの王子様」ディーン・フジオカの“内助の功”に反響 「イケメン副社長のおディーン様が超最高で尊い」

社長役の比嘉愛未と副社長役のディーン・フジオカ (C)フジテレビ

 比嘉愛未が主演するドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系)の第3話が、29日に放送された。

 本作は、乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム)を手掛けるベンチャー企業の社長・日高泉美(比嘉)が、フリーターの五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるために奮闘する姿を描くロマンチックコメディー。(※以下、ネタバレあり)

 泉美たち「ペガサス・インク」は、新作乙女ゲームの開発に向けて、水嶋十蔵(船越英一郎)が率いる「ランタン・ホールディングス」に出資を持ち掛け、企画書を提出した。

 後日、企画書のブラッシュアップを提案された泉美は、スタッフに企画書を作り直すように指示をするが、航は会議中に居眠りを始め、そのまま会議室で眠っているという。

 航が、ほかのスタッフが話している専門用語を理解できず、用語集を読んで勉強しようとしたものの、苦戦していることを知った泉美は、ITの専門用語集や小説などを渡し、感想を書いて提出するように命じる。

 その後も、泉美たちは先方の要望を盛り込む工夫を続け、何とか最終プレゼン用の企画書をまとめて提出するが、ランタン側からさらにむちゃな注文が届く。

 放送終了後、SNS上には、「航くん、敬語も覚えてきて成長が素晴らしい。最後もナイスアシストだったね」「比嘉愛未が美し過ぎて心を持っていかれる。地に足がついたお仕事コメディーって感じで楽しい」「お仕事ドラマの要素も面白い。クライアントからの要望変更のくだりがあるある過ぎた」などの感想が投稿された。

 また、泉美に片思いをしている副社長の光井(ディーン・フジオカ)に関するコメントも多く上がり、「私は、絶対にディーン様推し。仕事ができて副社長でイケメンで性格良し、推しが過ぎる」「ディーン・フジオカの比嘉愛未へのさりげない内助の功がすてき」「おディーン様が超最高で尊い。早く泉美に仕掛けてほしい」などの反響が寄せられた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ