エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

中村蒼「勝手に試されている気がして…」 “皇帝”佐々木蔵之介の眼力に恐縮

中村蒼(左)と佐々木蔵之介

 Team申・第5回本公演「君子無朋(くんしにともなし)~中国史上最も孤独な『暴君』雍正帝~」の取材会が16日、東京都内で行われ、出演者の佐々木蔵之介、中村蒼ほかが出席した。

 本作の主人公は、清の第5代皇帝で、玉座に座ることなく執務室で毎日20時間働くほど勤勉だったとされる“雍正帝”。佐々木がドキュメンタリー番組の中国ロケをきっかけに雍正帝に興味を持ったことが、今回の舞台化につながった。

 雍正帝役の佐々木は「紫禁城は広いですけど、2LDKぐらいの部屋にずっと閉じこもって、地方の役人に手紙ばかり書いていた人。元祖テレワークみたいなことをして、過労死した人。趣味がコスプレ」と人物像を紹介した。

 佐々木は「雍正帝が役人たちに送った手紙には、汚い言葉が並んでいた。調べていくと面白くて『この人は、ただの独裁者じゃないぞ』と。(時代の)前後を見ても、『あれ、この人すっげーことやっているな』と思ったのが、作品化しようと思ったきっかけ」と明かした。

 そんな雍正帝と直接対峙(たいじ)する地方官オルク役の中村は、役作りについて聞かれると、「ただただ東(憲司)さんの演出にしがみつき、キャストの皆さんに置いていかれないように夢中でやっている。その必死にもがいている感じが、結果的にオルクの真っすぐさ、誠実さにつながればいいかなと思っています」と語った。

 また、「蔵之介さんは目の奥に鋭いものを持っていて、目の前でお芝居をしていると、勝手に試されている気がして恐縮してしまう。なので、皇帝と地方官という関係性は、蔵之介さんの眼力のおかげで、自然に作っていけたら」とコメント。これを聞いた佐々木は「パワハラやん」と笑った。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ