エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「大豆田とわ子と三人の元夫」最終話に絶賛の声 「脚本の坂元裕二の真骨頂を見た気がした」

(左から)松田龍平、松たか子、角田晃広 (C)カンテレ

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の最終話が、16日に放送された。

 とわ子(松)は考え抜いた末、小鳥遊(オダギリジョー)との4度目の結婚には踏み切らず、一人で生きていく道を選んだ。

 とわ子の1番目の夫の八作(松田龍平)、2番目の夫の鹿太郎(角田晃広)、3番目の夫の慎森(岡田将生)との関係は相変わらずで、しろくまハウジングも買収前の平穏な日常を取り戻していた。

 ある日、八作がオーナーを務めるレストラン「オペレッタ」で、とわ子は初恋の相手・甘勝岳人(竹財輝之助)と偶然再会する。

 親しげに思い出話をする2人の姿に嫉妬した鹿太郎は、抑え切れない感情を共有するために慎森に電話をかける。

 放送終了後、SNS上には、「ハッピーエンドとかバッドエンドとかそういうのが全くなしに、ここまで満足感が得られるドラマがこの先見つかるだろうか。坂元裕二の真骨頂を見た気がした」「なんていとおしいドラマなんだ…。ありがとう」「今夜はずっとこの世界に浸っていたい」「大豆田とわ子は最高だってこと」など、最終話を迎え、多くの視聴者から絶賛の声が相次いだ。

 また、とわ子の母が生前、出せずにいた“愛する人”への一通の手紙を見つけたとわ子と娘の唄(豊嶋花)が、送り先の人物・マーさん(風吹ジュン)に会いに行くというシーンも放送された。

 すると、「予想外の展開でびっくりしたけど、すごく自然で、風吹さんもきれいで最高のシーンだった」「マーさんの登場で、明かされることのなかったカゴメちゃんの気持ちすら重ねて想像させられた」「マーさんとのシーンえぐられ過ぎた」などのコメントも寄せられた。

 最終話は、「カンテレドーガ」「TVer」で見逃し配信中。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ