エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

菅田将暉「自分は汁キャラ」 小栗旬が「汁・将暉」と命名

(左から)永井聡監督、中村獅童、高畑充希、菅田将暉、Fukase、小栗旬

 映画『キャラクター』初日舞台あいさつが11日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、Fukase(SEKAI NO OWARI)、高畑充希、中村獅童、小栗旬、永井聡監督が出席した。

 本作は、人の悪を描けずに苦悩する漫画家が、殺人事件の犯人と出会ったことで運命に翻弄(ほんろう)されていく姿を描いたサスペンス作品。主人公の漫画家・山城を菅田が演じ、山城の運命を狂わせる天才的な殺人鬼・両角をFukaseが演じた。

 この日は、映画のタイトルにちなみ、登壇者が自身の“隠されたキャラ”をフリップに書いて披露した。

 「実は、人見知りキャラ」と発表した小栗は「知らない人とあまりしゃべれない。仲良くなるとしゃべれますが。最近、大人になったので、なるべく頑張るようにはしています」と語った。

 「実は、ひょうきんキャラ」と書いたのは、Fukase。「すごく暗くて、寡黙で…と思われがち。別に面白くはないけど、割とずっとふざけている人間です」と明かした。

 獅童は「ネコキャラです」と回答。「ネコ好きの人って『かわいいね~』と褒めるじゃないですか。僕は『いい子、いい子』って褒められて伸びるタイプ。なので、本編を見たときに、(自身の出演シーンが)監督に切られていたりするとものすごく落ち込みます」と嘆いて笑いを誘った。

 菅田は「汁キャラ」と掲げ、「この10年ぐらい、汗、鼻水、涙、すごいかいてきたな~と思って。そんなのばっかり。あと超汗っかきなんですよ」と説明した。

 小栗から「汁俳優ということね?」と言われると、菅田は「やめて」と苦笑。さらに「汁・将暉ってことね?」と振られると、「やめなさいよ。うれしそうに」と嫌がって笑いを誘った。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ