エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「イチケイのカラス」“入間”竹野内豊のおいが登場 「おいっ子、デカッ」視聴者から驚きの声

竹野内豊 (C)フジテレビ

 竹野内豊が主演するドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第8話が、24日に放送された。

 入間(竹野内)たちが所属する「イチケイ」に、事務官から書記官になるための研修生として、前橋幸則(渡辺佑太朗)と磯崎由衣(夏目愛海)がやって来た。部長の駒沢(小日向文世)は、合議制で扱う事案があるから立ち会うよう、2人にも指示する。

 今回の案件は傷害事件で、被告人の潮川恵子(真凛)は、坂間(黒木華)が裁判長、浜谷(桜井ユキ)が書記官を務めている窃盗事件の被告人だった。

 万引きの前科があった潮川は、再びスーパーマーケットで万引きをして保安員に捕まった。潮川の万引きを目撃して店側に伝えたのは、山寺史絵(朝加真由美)という女性で、在宅での審理を行なっている最中に潮川が山寺に暴行を加え、加療約1年のけがを負わせたという。

 放送終了後、SNS上には「『イチケイ』史上一番泣いた…」「真凛さんが演じた潮川さんの心の声が泣けた」といった感想が寄せられた。

 物語のラストでは、毎話、入間が話題に持ち出していたおいが登場。今回の裁判では“先入観”がキーワードとなっており、おいが予想外の人物だったことが明かされたことで、視聴者からは「先入観のキーワードが出過ぎだと思っていたら、そういうオチなのか」「おいっ子、デカッ」「おいっ子って3歳ぐらいかと思ってた…めっちゃ先入観だった」「心底驚いた」といった声が上がった。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ