エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「大豆田とわ子と三人の元夫」“かごめ”市川実日子に訪れた衝撃の展開 「心がえぐられ過ぎて立ち直れない」

松たか子 (C)カンテレ

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の第6話が、18日に放送された。

 とわ子の誕生日を祝うため、オペレッタに集まっていた元夫たちの八作(松田龍平)、鹿太郎(角田晃広)と慎森(岡田将生)。しかし当日の夜、取引先の説得に向かったとわ子(松)との連絡が途絶えてしまい、3人は彼女の身を案じる。

 そこへ、早良(石橋静河)、美怜(瀧内公美)、翼(石橋菜津美)が偶然来店し、合コンのような飲み会が始まる。

 さらに、元義父の旺介(岩松了)から半ば強引に呼び出された八作たちは、とわ子のマンションへ向かい、なぜかギョーザ作りを始めることになった。そのかたわらで、女性陣はそれぞれの恋愛の愚痴で意気投合し始める。

 今回は、主人公のとわ子が登場しないまま、元夫たちを中心に物語が展開した。ドラマの後半で、とわ子が登場すると同時に、とわ子の親友のかごめ(市川実日子)の身に起きた予想外の展開が描かれた。

 すると、SNS上には、「心がえぐられ過ぎて立ち直れない」「久々に度肝を抜かれた。これは消化し切れない」「喪失感がすごい」「感情が追い付かない」「心が死亡した」といった、視聴者から声が相次いだ。

 一方、番組終了後に放送された次週の予告編に、「人生最後の恋が始まる」の文字とともに、オダギリジョーの姿が映ったことから、「めっちゃ弱っていたけど、オダギリジョーに心が揺らいだ」「ガッツリ出るようで震えてる!」「豪華過ぎる」といった投稿が集まり、大きな話題を呼んだ。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ