エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

堤真一、酒が飲めなかった過去を告白 銭湯帰りに飲んだビールで初めて「うめーな!」

満島ひかり(左)と堤真一

 「とびきりおいしい新ビール 新・一番搾り完成発表会」が5日、東京都内で行われ、新CMに出演した堤真一、満島ひかり、野間口徹、大橋未歩、渡辺大知、森川葵が出席した。

 約2年ぶりにリニューアルした「新・一番搾り」。堤は「そもそも『既においしいのにまた変える必要あるの?』と思っていたけど、飲んだらまたまた進化している。成長させていこうという姿勢に驚かされます」とコメント。

 満島も「毎回感動します。味を見る部署の方は、普段は強い味のする食事を控えて、ビールを研究していると伺った。私も何年目かになるので、気分は一番搾りの社員です」と語ってほほ笑んだ。

 新CM「ビールに本音篇」内で「普段ビールは飲まない」と正直に語っている森川は「大変申し訳ない気持ち。本音を語ったらそのまま使われて、『ビールのCMなのにいいの?』とびっくりした」と苦笑しつつ、今回そのおいしさに目覚め「これを機に大人の階段を登っちゃうのかな」と目を輝かせた。

 そんな森川から「ビールを初めておいしいと思った瞬間」を聞かれた堤は「僕は実はお酒が飲めなかった。東京に出てきたのが二十歳。先輩方に話を聞くときは、少しでも飲めるようにと、毎日1センチ飲んでは『うーん』と思っていた。でも、あるとき銭湯帰りに、いつもはジュースなのにビールを買って公園で飲んだら、『うめーな、これ!』となって。そこからです。『大人じゃん?俺』って。そのときはブランコに乗ってましたけどね」とエピソードを披露した。

 休日は午後5時から飲むのが定番らしく、「午後5時過ぎたら娘に『飲んでいい?』って聞いて、(娘が)『分かったよ』って言って冷蔵庫から出してくれる。それを飲みながら料理をしています」と明かした。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ