エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

尾上松也「朝が弱い」と明かされ苦笑 百田夏菜子「いつもしんどそうだった」

(左から)石田ニコル、尾上松也、百田夏菜子

 映画『すくってごらん』プレ金魚の日スペシャルイベントが2日、東京都内で行われ、出演者の尾上松也、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、石田ニコルが登場した。

 本作は、エリート銀行員(松也)が、左遷先で出会った金魚すくいを通じて成長していく姿を、斬新な映像で描く。

 初のヒロインを演じた百田は、ミステリアスな女性という設定について、「お話を頂いたときに『それは私なのか? 大丈夫かな?』と思ったけど、この世界に飛び込んでみて本当に良かったです」と笑顔で語った。

 劇中では「全く触れたことがなかった」というピアノの演奏にも初挑戦。集中レッスンを受けて撮影に臨んだそうで、松也から「素晴らしい演奏だった」と褒められると、照れ笑いを浮かべた。

 また、映画のタイトルにちなみ、「相手の救ってあげたい部分」を尋ねられたキャストたち。百田も石田も、松也に関して救ってあげたいのは「朝が弱いところ」だと口をそろえ、百田が「朝の撮影ではいつもしんどそうだった。こんなに分かりやすく時間に左右されて調子が違うのかって…」と語ると、石田も「朝は静かだった」と明かした。

 松也は「いや~。恥ずかしい。(2人とも)分かってるわ」と苦笑しつつ、「昼12時ぐらいからじゃないとエンジンがかからない。その前はだいたいテンションが低い。皆さんにはご迷惑をお掛けしました」と頭をかいて、笑わせた。

 そんな松也は、改めて2人の印象を問われると、「百田さんは、切り替えがはっきりしていて、撮影の合間はフランクなのに、本番が始まるとスイッチが入る方。石田さんは、何ものにも動じない方なんですが、笑い方が豪快。そういう意味で、2人に癒やされつつ、引っ張ってもらった現場でした」と語った。

 映画は3月12日から公開。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ