エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

長谷川理恵「本人がすごく慎重で…」 8歳長男の食物アレルギーを語る

長男の食物アレルギーについて語った長谷川理恵

 「アナフィラキシー啓発オンラインセミナー」が19日、開催され、モデルの長谷川理恵が出席した。

 セミナーでは、昭和大学医学部小児科教授の今井孝成氏が「コロナ禍でのアレルギー患者が取るべき対策」について解説した。

 8歳の長男が食物アレルギーだという長谷川は「普段はママ友と情報交換することが多いけど、やはり子どもによって症状は違う。もしものときに備えて、正しい情報を得られる状況を整えておくことが大事」と語った。

 長谷川の長男は1歳のときに卵と牛乳の食物アレルギーを発症。現在は症状も軽減してきたそうで、「卵だけを食べる、牛乳をガブガブ飲むといったことはもちろんしないので分かりませんが、食品に入っている分に関しては随分大丈夫なレベルになってきました。アイスクリーム、卵の入ったパスタ、ピザも食べられるぐらいになりました」と明かした。

 とはいえ、発症当初は大変なこともあったそうで、「本当にちょっとの量で咳をし始める。子どもなのでうまく説明できない。息がヒューヒューしだして、そこから顔や全身がパンパンに膨れ上がり、私も怖くて…」と当時を振り返った。

 年齢と共に症状は軽くなったが、食べ物に関しては「本人がすごく慎重で、おそらく自分が一番苦しい思いをするので、一つ一つ聞く。『このパンは卵入ってないよね』など、私が作ったものでも、聞く時期がありました」という。

 長谷川は、小学生となった現在は「本人が食べては駄目なものを理解しているので、それほど困ることはない」と語った。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ