エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

武井咲「黒革の手帖」貫録の悪女役 「結婚&出産して大人の色気がプンプン」

希代の悪女・元子を演じた武井咲 (C)テレビ朝日

 武井咲が主演したドラマスペシャル「黒革の手帖~拐帯行~」(テレビ朝日系)が、7日に放送された。

 武井にとって3年ぶりのドラマ復帰となった本作は、2017年に放送された連続ドラマ「黒革の手帖」の続編。

 1億8千万円を横領し、銀座の高級クラブのママとして頂点に上り詰めたものの、その後に逮捕され、全てを失った希代の悪女・原口元子(武井)。今回は、3年の刑期を終えて出所した元子が、新天地・金沢の街で再起を誓う様子が描かれた。

 そんな元子の前に、過去の宿敵で予備校理事長の橋田(高嶋政伸)や、日本屈指のITビジネス王・神代(渡部篤郎)が現れ、3億円を巡る新たな「黒革の手帖」を使った闘いが勃発。元子は神代を訪ねてきた森村(毎熊克哉)と手を組み、再び、のし上がっていく。

 放送中、武井が着物姿で登場すると、SNS上には、「武井咲ちゃん、着物が似合って美しい」「目がクリクリで、美人過ぎて一生見られる」「武井咲ちゃん、一皮むけたね! 出産を経て大人になった感じ」「美貌と色気がすごい。和服が似合うしハマり役」「結婚して、お子さんを出産して、大人の色気がプンプン!」など、武井のビジュアルを称賛するコメントが多数投稿された。

 また、元子が男を手玉に取り、翻弄(ほんろう)しながら大金を手にし、再び銀座に返り咲く姿が描かれると、「武井咲の悪女っぷりが痛快ですてき。これは男もだまされるわ」「米倉涼子のダイナミックな元子も好きだったけど、武井咲も貫禄が出てきてすごくいい!」「武井咲は悪女役が似合う。本格復帰して、連ドラもやってほしい」などの反響が寄せられた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ