エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「♯リモラブ」波瑠と松下洸平が最後にキス 「2人のイチャコラがもっと見たかった」

波瑠(左)と松下洸平 (C)日本テレビ

 波瑠が主演するドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系)の最終話が、23日に放送された。

 本作は、恋愛をさぼってきた産業医の美々(波瑠)が、SNS上で知り合った檸檬(れもん)こと青林風一(松下洸平)に恋をする物語。

 プロポーズへの期待や嫉妬心が原因で、すれ違ってしまった美々と青林。互いに分かり合いたいと思う2人は、クリスマスまでの間、「口で言いにくいときはSNSで会話をしてもいい」というルールを決め、「草モチ」と「檸檬」に戻り、相手への思いを伝え合う。

 そんな中、会社内で美々のリストラ話が浮上するが、青林らの署名活動によって撤回される。2人は仲直りし、クリスマスの夜に「抱きしめに来たよ」というメッセージとともに、青林が美々の自宅を訪れ、幸せな時間を過ごす。

 放送終了後、SNS上には「青ちゃんと美々ちゃんがハッピーエンドで良かった」「檸檬と草モチの10分間のSNSシーンにジーンと来た」「最後の青ちゃんがすてき過ぎて反則! 大好き」「五文字(間宮祥太朗)さんが最後までいい男だった。幸せになってほしい」などの感想が投稿された。

 また、最後の場面で、青林と美々のキスシーンがはっきりと映らない演出だったことから、「青ちゃんのキスシーンを心待ちにしていたのに、ないのかい!」「正直2人には、もっとイチャコラしてほしかったから、スペシャルがあることに期待!」などのコメントや、「最後のキスシーンを見せないのが、『♯リモラブ』らしくてかわいかった」「リモラブの最後はあれで良かったのかも。青ちゃんと美々らしくて、緩くていい」など、さまざまな反響が寄せられた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ