エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

相葉雅紀「二宮和也がやっと住所を教えてくれた」 二宮の「もう引っ越す」には「やめろ!」

相葉雅紀(左)と二宮和也

 「2021年用年賀状 受付開始セレモニー」が15日、東京都内で行われ、ミュニケーションパートナーを務める嵐から相葉雅紀、二宮和也が出席した。

 相葉は今年を振り返って、「予定していたことを行えなかったりもしたけど、その中でも最善を尽くして、皆さまに楽しんでもらえるコンテンツがないかを考えながらやってきた1年でした」としみじみ語った。

 二宮は、事前収録配信となったライブ「アラフェス」について触れ、「(嵐)本人がファンの人たちと同時刻に同じものを見るというのは、これまでになかったこと。(ライブを)見たい人、全員に見てもらえたという点では、悪いことじゃなかったなと思います」と語った。

 また、2021年用年賀状のキャッチフレーズ「このつながりは、一生もの。」にちなみ、「一生ものの相手」を尋ねられた二宮は「それは嵐じゃないですかね。10代からずっと一緒にいるので、そういうことを聞かれると嵐かなと思います」と回答。

 司会者から「同じ?」と聞かれた相葉も「もちろん。僕にもその質問がほしかったぐらい」と大きくうなずいた。

 さらに、「今年年賀状を送りたい相手」を尋ねる質問には、相葉が「嵐の楽曲『Whenever You Call』を制作したブルーノ・マーズ」、二宮が「友人」と、それぞれ回答。

 相葉から「友達いないんじゃん」と指摘された二宮は、「いいんだよ。いるんだよ、俺だって。住所知ってたらその人に勝手に送っちゃうの」と返して笑わせた。

 また、相葉から「今年やっと住所を教えてくれたもんね?」と言われた二宮が「だから、もう引っ越します」と語ると、相葉は「やめろ! (年賀状を)送るんだから」と突っ込んで笑わせた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ