エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

佐々木希、秋田米新品種に「すったげ、うめぇ」 「息子には元気にすくすく育ってほしい」

新品種の秋田米を試食する佐々木希

 「秋田米新品種 名称お披露目イベント」が17日、東京都内で行われ、ゲストとして秋田市出身の女優・佐々木希が登場した。

 今春実施した秋田米新品種「秋系821」ネーミング案公募では、全国から25万件を超える応募が寄せられ、最終候補として6案が選出された。

 この日、最終決定した新品種の名称が「サキホコレ」であることが発表されると、佐々木は「本当にすてきな名前ですね。私も秋田が大好きで、帰る度に癒やされて、『また東京で頑張ろう』と思える。前向きなパワーも大自然も感じられる、いい名前だと思います」と喜んだ。

 早速、炊き立ての「サキホコレ」を試食した佐々木。一口食べると、「すったげ、うめぇ(すごくおいしい)! 粒がしっかりしてて、かめばかむほど甘みが広がり、『あきたこまち』とはまた違ったおいしさがあります」と秋田弁を交えて絶賛した。

 さらに、秋田名物「ぼだっこ(塩辛い鮭)」と「サキホコレ」を一緒に食べた佐々木は「この組み合わせ、最高ですね」とうっとり。「甘いお米とぼだっこの塩気がすごくいい感じで口の中で混ざり合っておいしいです」とアピールした。

 最後に、佐々木は「私も愛してやまない地元秋田から『サキホコレ』が生まれました。お米は毎日食べるものなので、このお米があったら毎日元気に明るく暮らせるなと思います。私は息子がいるんですが、食育も大切にしたいし、このお米を食べて元気にすくすく育ってほしいです」と締めくくった。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ