エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

松本穂香、瀬戸利樹の印象を語る 「最初はイケイケな方なのかと…」

(左から)瀬戸利樹、土屋アンナ、松本穂香

 アニメーション映画『君は彼方』ジャパンプレミアが11日、東京都内で行われ、声優を務めた松本穂香、瀬戸利樹、土屋アンナ、竹中直人、木本武宏、大谷育江と瀬名快伸監督が登壇した。

 本作は、池袋を舞台に、大切なあなたに伝えたい思いを、1人の女の子に投影して描く青春ファンタジー。主人公の女子高生・澪の声を松本が演じ、澪が思いを寄せる幼なじみの新の声を瀬戸が演じた。

 先輩俳優たちに囲まれた松本は「瀬戸さんとは一緒にアフレコをさせてもらったのですが、他の皆さんは今日がはじめまして。正直緊張していますが、華やかな場所にいさせてもらえてうれしい。公開に向けて映画を盛り上げていけたら」と笑顔であいさつした。

 声優初挑戦となった瀬戸は「やっと皆さんにお披露目できるのがうれしい。豪華なキャストの皆さんの中に立てていることをとても光栄に思います。このご時世だからこそ、見てほしいアニメーション映画。大切な人がいる人、これからそういう人ができる人が見たら何かを感じてもらえると思う。すごく、すごくいい映画です」とアピールした。

 本作で瀬戸と初共演した松本は、瀬戸の印象を聞かれると、「シュッとされているので、最初はイケイケな方なのかな…と思っていたのですが、お話してみると、ちょっと天然さんなのか、抜けているところがあったりして…。(自分は)人見知りな方なのですが、最初から楽しくお話することができました」と語った。

 一方、瀬戸は松本の印象を、「すごく大人っぽくてクールな方なのかなと思っていたら、結構不思議な方で、つかめない。関西の方なので、たまにちょっとした言葉が面白かったりして、すてきな女優さんだなと思います」と語った。

 映画は11月27日から公開。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ