エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「危険なビーナス」安蘭けいの迫力ある演技に反響 ディーン・フジオカ演じる勇磨の出生の秘密も明らかに

「危険なビーナス」(C)TBS

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第5話が、8日に放送された。

 今回は、祥子(安蘭けい)が企てた、現当主・康治(栗原英雄)殺害計画の経緯が描かれた。

 動物病院で勤務中の伯朗(妻夫木)のもとに、「今夜、康治が殺される」と書かれた差出人不明の手紙が届く。一方、矢神家では波恵(戸田恵子)が夜7時に親族を集めて、“開かずの間”を開け、遺産を再確認することを決めていた。

 そんな中祥子は、遺産を全て手に入れるため、一族が“開かずの間”を確認中に康治殺害計画を実行することを君津(結木滉星)と杏梨(福田麻貴)に宣言し…。

 安蘭の迫力ある演技にSNS上には、「分かりやすい悪人演技で好き」「発声が素晴らしくて! 発せられているせりふ自体はどえらい罵声だったりするのに、ずっと聞いていたい」「怖いお芝居さく裂で面白かった!」「5話の見どころは安蘭さんの迫力」といったコメントが集まった。

 また、勇磨(ディーン・フジオカ)と佐代(麻生祐未)の関係が祥子によって明かされると、「過去が暴かれていって怖い! でも見たい! でも怖い!」「佐代さんの、あのねっとり溺愛を勇磨が冷めた表情で当たり前に受け止めているのに、勇磨の闇を感じてもえた」「昼ドラも真っ青な展開」などの投稿が寄せられた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ