エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

水原希子、葛藤を乗り越えて強く生きる役に共感 「自分とリンクする部分があった」

美紀役を演じた水原希子

 映画『あのこは貴族』舞台あいさつが5日、東京都内で行われ、出演者の門脇麦、水原希子、高良健吾と岨手由貴子監督が登壇した。

 本作は、山内マリコ氏の同名小説を映画化。門脇と水原が演じる、異なる環境を生きる2人の女性が、恋愛や結婚だけではない人生を切り開く姿を描く。

 東京生まれの箱入り娘の華子を演じた門脇は「原作を読んだ当初から、典型的なお嬢さまにはしたくないな、という思いがありました。何より山内さんの描く、地の文がキュートで魅力的。何とかその部分を取り入れられたらと、試行錯誤をしながら演じました」と役作りについて語った。

 一方、水原が演じたのは、名門大学に合格して上京したものの、家庭の事情で大学を中退しなければならなかった美紀役。

 水原は「撮影は1年半前ぐらい。美紀ちゃんはいろんな葛藤を乗り越えながら強く生きている女性。脚本を読んだタイミングで、ちょうど自分が起業したこともあって、すごく自分にリンクする部分がありました」と語った。

 続けて、劇中の「2人の人生が交わる瞬間が特に素晴らしい」といい、「女の子の映画なんだけど、全ての人が共感できるような、本当に美しいものが詰まった映画になっています」とアピールした。

 門脇は「個人的にこの映画は開放の物語だと思ってます。人は、無意識のうちに自分をカテゴライズしてしまう。でもちょっと角度を変えてみたり、新しい出会いがあると、自分の視界が開けて、もっと自分を好きになれたりする。それをちゃんと見付けてあげられるかで、人生がちょっと変わってくると思います」と笑顔で語った。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ