エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

木村佳乃主演「恋する母たち」“禁断の恋”に反響 「実際にやられたら嫌だけど、不倫ドラマは大好き」

(C)TBS

 木村佳乃が主演するドラマ「恋する母たち」(TBS系)の第2話が、30日に放送された。 

 本作の原作は柴門ふみ氏。脚本を大石静氏が担当し、息子が同じ有名私立学校に通う3人の母親・杏(木村)、優子(吉田羊)、まり(仲里依紗)の恋愛と友情を描く。

 今回は、3人の恋と運命が動き出した。杏は、11年前に人妻と共に失踪した夫・慎吾(渋川清彦)が与論島にいることを知り、会いに行くことを決意する。

 優子は、同じ会社で働く有能な部下(磯村勇斗)から、まりは落語家の今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)から、それぞれ猛アプローチを受けていた。

 放送中、SNS上には、「『恋する母たち』面白いな~。これでこそドラマ!」「今期一番好きなドラマ。実際にやられたら絶対に嫌だけど、不倫ドラマは大好き」「さすがは『東京ラブストーリー』を作った柴門ふみ」などの感想が投稿された。

 磯村が吉田に、オフィスで壁ドンをするシーンでは、「磯村くん、やば過ぎる~。好きになるなっていう方が無理」「磯村くんの壁ドンの破壊力がえぐい…。優勝」「壁ドーンって言いながらの壁ドンがかわいい」「『私の欠点って何?』『結婚してることです』って磯村くん、ときめきをありがとう」などのコメントで盛り上がった。

 阿部が仲にキスをするなど猛アタックする場面では、「阿部サダヲはずるい。ノリで押し切られてしまう。天性のたらしだ」「メンタル強いし、結局こういう人がモテるよ」「まりちゃんの旦那がクズ過ぎるから、まりちゃんの恋を応援してしまう」「阿部さんがセクシーでキュンキュンする」などのつぶやきが上がった。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ