エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

永作博美、役作りで井浦新とベビー用品購入 「写真を撮られたらドキドキするなって…」

夫婦役を演じた永作博美(左)と井浦新

 映画『朝が来る』初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の永作博美、井浦新、蒔田彩珠、浅田美代子と河瀬直美監督が登壇した。

 本作は、実の子を持てなかった夫婦と、実の子を育てることができなかった14歳の少女をつなぐ「特別養子縁組」によって、新たに芽生える家族の美しい絆と胸を揺さぶる葛藤を描く。

 夫婦を演じた永作と井浦は、今回、河瀬監督作品ならではの「役積み」という特別な役作りを行ったそう。これは、登場人物が体験したであろうことを実際に役者も体験していく手法で、永作は「赤ちゃんを引き取りにいくシーンのために、『赤ん坊のものを全てそろえてくれ』と(監督に)言われた。普通は美術さんが置いといてくれるものなのですが、今回はおくるみも、肌着もよだれかけも、オムツもミルクも入れたバックを、全部自分たちで時間をかけて用意し、選びました」と明かした。

 井浦は、永作と一緒にショッピングモールに買い物に行ったそうで、「カメラは回ってないし監督もいません」と説明。役作りとはいえ、永作も「ちょっと一般の人に(勘違いされて)写真を撮られたらドキドキするな、って感じでした」と苦笑交じりに振り返った。

 子どもの生みの親・ひかりを演じた蒔田の場合は、さらに役積みを徹底。奈良の中学生役とあり、実際に河瀬監督の母校に通ったという。「家族役の人たちとも一緒に住んで、朝起こされて、自転車できつい坂を登って、5時間ぐらいちゃんと授業を受けて部活をしてから帰宅です」と紹介。「やる前はここまでするんだ、と思いましたが、撮影では本当にひかりになりきれてる状態から始まったので、経験できてよかったです」と、河瀬監督に感謝していた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ